塗装

環境に優しい最新設備と長年の経験で培った技術力で高品質な塗装を実現

自社製品の塗装を一手に担う塗装工場は、852㎡の作業スペースを有し、大型のワーク(2.3m×2m×1m)が一度に処理できる前処理槽と、第1塗装ライン・第2塗装ラインの二つの吊り下げ式塗装ラインを設置し、量産品や少量多品種品に対応します。
第1塗装ラインの塗装ブースは、4m×5.5mで紛体回収機付の最新設備を使用しています。
第2塗装ラインの塗装ブースは、3.8m×5.9m(紛体回収機付)で乾燥炉は一窯で大量に乾燥できるよう3ライン式となっています。
作業は1級塗装技能士の有資格者はじめ、高い作業スキルを持った作業者が、塗装ガンを使用し、一つ一つ丁寧に塗装を施します。また使用塗料は環境と作業者へ配慮し、安全性の高い無溶剤の紛体塗料を使用しています。

特徴
①2重構造+加圧式によるクリーン化
②「塗装前処理作業の改善」で2019年度文部科学大臣表彰を受賞
③各種メタリック、シボ粉体塗装可能
④2交代稼働

 
 

■ 設備

前処理槽 リン酸鉄被膜処理設備 1台
紛体塗装ブース ・4m×5.5m(ノードソン)第1塗装ライン
・3.8m×5.9m(ノードソン)第2塗装ライン
乾燥炉 ・4m×6m 第1塗装ライン
3.8×6m(炉内3ライン式)第2塗装ライン

■ ワークサイズ

塗装可能サイズ 最大寸法 ・筐体 2.3m×2.4m×1m
・パネル 4m×2m

■ 有資格者

塗装技能士 噴霧塗装 1級 1名
塗装技能士 金属塗装 1級 1名
塗装技能士 噴霧塗装 2級 3名
塗装技能士 金属塗装 2級 5名
社長インタビューへ
 
会社案内
 
製品紹介
 
部門紹介
 
採用情報
 
アンケート
 
グループサイトへ
   
問い合わせページ