技術

デジタルツインとネットワークによるワンストップ生産

お客様との詳細な打合せから、製作仕様を決定し、制御フロー・回路図(シーケンス図)の製作、部品の選定(BOM作成)そして盤の製造図面(板金製作図)、併せて3Dデータからの板金NCデータ作成など、モノづくりの基礎となる部分の設計を担当する、当社の中核を担う部門です。
設計の3Dデータそのものが加工データとなるデジタルツインの製品がつくられます。
設計業務改善の取り組みとして、設計から製造部門への図面の受け渡しを携帯端末で行える様改善し、業務の効率化とペーパーレス化を実現しました。また板金工程管理システム導入により、製造工程の進捗をシステムで管理が行える様になり、工場内ネットワークの連携に関しても強化しています。
製造フローを正確で効率的に行う事で、さらにスムーズなワンストップ生産の構築を実現します。

特徴
①3D設計を用いたデジタルツイン生産による高品質・高能率生産
②3Dの組立要領図
⑤配線指示ソフトによる、FROM-TOの線表

 

■ 設備
・設計CAD

AutoCAD(2D) 7台
CREO(3D) 4台
・板金NCデータCAD

CADMAC G5(3D) 2台
CADMAC NEX(2D) 1台
CADMAC Evolutio 1台
IST 3台

■ 有資格者

第3種電気主任技術者 2名
電気製図 1級 3名
電気製図 2級 6名
 
社長インタビューへ
 
会社案内
 
製品紹介
 
部門紹介
 
採用情報
 
アンケート
 
グループサイトへ
   
問い合わせページ